映画 シンク・オア・スイム

シンク・オア・スイム フランスの題名:LE GRAND BAIN (大きな風呂)
フランス映画
監督:ジル・ルルージュ 主演:マチュー・アマルリック、ギョーム・カネ、ブノワ・ポールブールド、ジャン=ユーグ・アングラード、ビルジニー・エフィラ

先月に続き、またフランス映画を見た
フランスで大ヒット。コメディではあるがドタバタや大笑いするわけではなく、心に訴えるところがある。
スウェーデンの実話を元にした映画。
シンクオアスイム.jpgシンクオアスイム.jpg


さえない中年オジサン達がシンクロナイズドスイミングで人生を変えて行く物語。
ある日、地元の公営プールで「男子シンクロナイズド・スイミング」のメンバー募集を目にし、参加する。
メンバーのオジサン達は皆何らかの問題を抱えている。(うつ病、倒産寸前の会社社長、、、)
そして太鼓腹のオジサン達が無謀にも世界選手権で金メダルを目指すことになる。

物語のバランスが良く取れていると感じた。練習後のサウナでの愚痴は、邦画では居酒屋の雰囲気かな。
全くシンクロとは程遠い状況から、スパルタコーチの登場など徐々に一体化して行く。
それぞれ問題を抱えていても、喧嘩しても、一緒に飲みに誘って良い方向に進もうとするメンバーが良い。
そしてクライマックスの世界選手権。
見終わってから、ほっこりとした気分、爽快な気分 であり面白い映画であった。

この記事へのコメント