運が良くなかった8月

今年の8月は、運が悪かった。

エアコンの故障。
8月上旬、非常に暑い日が続く中、エアコンが故障してしまった。
このタイミングで故障とは。
修理は難しいようで購入したが、一番暑い時期で、工事が集中しているらしく目処が立たない。
結局、8月後半までエアコン無しで過ごす事に。
お盆もあり、窓を全開にいても熱風が入ってくる。扇風機は少し役に立ったが、最悪の夏となってしまった。
なお、新しいエアコンが設置されたタイミングで急に涼しくなった。

ぎっくり腰。
8月後半、椅子に座っていて立ち上がる時に急にぎっくり腰。
腰が痛いという、話では聞いていたが本当に痛い。
病院に行こうと、やっとの思いで車に乗り、移動を始めて気が付いた。
道路は平らではない。平坦な道でも車はそれなりに揺れていることを腰で感じた。
病院に到着して、今度は車から降りることができない。腰が痛くて運転席から出られない。
やっとの思いで受付にたどり着いて、手続きのためイスに座って問診票を記述した。
書き終わって、イスから立ち上がるのは相当痛い事を覚悟して、ゆっくり立ち上がった。
この時、何かを感じた。腰があまり痛くない。
腰のあたりに多少違和感があるものの、普通通りに歩くことができる。
一体何が起こったのか? 
腰の痛さは、気持ちで変わるのだろうか?
こんなの聞いたことが無い。
病院で診察が受けられる安心感で症状が改善したのだろうか?
その後も、レントゲンなど検査を受けたが、普通り歩ける状況で、結果、様子見。
大きな腰の爆弾を抱える事になってしまった。

"運が良くなかった8月" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント